2017/06/28

ビール祭り特集!・・・【 2017年 エントリービール紹介 vol 1 】

 

昨年は5種類の樽生ビールを飲み比べる【利きビール大会】でしたが、

以前もお話したとおり、全問正解者はなんとゼロ!

さすがに全問正解者が出ないと『利きビール』の醍醐味が半減してしまいそうで・・・

今年は一昨年と同じく4種類に変更としました

ただ、4種類の内訳は一昨年とも違いますよ~

是非、エントリービールを4回にわたって開催日まで順番に紹介しますのでお楽しみに♪

まずは、【利きビール大会】のやり方を、初めての方のため説明をします

まず、①~④までの数字が書かれた同じ形のビールサーバーが会場に並んでいます

そしてご購入頂いたチケットに切り取り線がついた『利きビール応募券』がついていますので

当日実際にお飲み頂き、書いてある銘柄の欄にこれはと思うサーバーの番号を記入して

締切り時間までに会場備え付けの応募箱へご応募いただくという具合になります

例えば、①のビールがアサヒスーパードライだと思ったら

応募券の『アサヒ』の欄に①を記入してもらうという要領で、4種類を全て当てて頂きます!

そして全問正解者が一人の場合は自動的にその正解者が優勝者となり、

優勝賞品として十勝川温泉ペア宿泊券が進呈されます

もし全問正解者が複数いる場合は、サドンデスに突入して最後の1名を決めることとなります

さて、今年も全問正解という狭き門を潜り抜け、温泉ペア宿泊券をゲットするのは誰だ!!

というわけで、さすがに事前にどんなビールを飲み比べるのかわからないと

飲んだこともないものもあれば、味の違いを予行演習すらできないことと思いますので

今回から開催日までの間に4種類を1品ずつご紹介してきますね

ということで、第1回目の紹介は・・・



 ≪ サントリー プレミアムモルツ ≫
※写真はメーカーさんのサイトから利用させて頂きました


前述で説明した通りですから、名前も書かれていなければ、ラベルデザインもない状態で

イベント終了後の飲まれた量を比較すると、2位に大きく水をあけて飲まれていましたね

昨年はエントリーしたビールの中で唯一のプレミアムビールでしたが、

飲まれた量を考えると、参加者の皆さんの舌は高級な味わいを嗅ぎわけたということになりますね

さて、長きに渡りS社のプレミアムビールがプレミアムタイプの牙城を築いていましたお蔭で、

他社が原料や味わいを厳選したプレミアムビールを登場させても、

軒並み撤退を余儀なくされ、この市場はS社のEビールの寡占状態でした

そんな中2003年に、これが発売されました(当初は【モルツ スーパープレミアム】)

濃厚な旨味で、尚且つ苦味が強調された味わいが、

当初はさすがに受け入れられず苦戦していたのですが、

2005年に海外の有名コンクールで日本国産ビール初の最高金賞を受賞したことがきっかけで

一時販売を休止するほどの人気になったほどでした

『最高金賞のビールで最高の週末を』なんてCMでのキャッチコピー、覚えていませんか?

2005年から3年連続で受賞するのですが、この受賞を活かした話題戦略を駆使して

どんどんプレミアム市場を席巻して、今のプレミアム市場の活況が

このビールの存在があってこそであることは誰も疑う余地はないでしょうね

最高金賞の香り、コク、余韻・・・というようにまずは香りが特徴

今では華やかな香りのビールも増えてきましたが、華やかなビールのパイオニア

口に含んで飲み終えた後の戻り香は見事なもの

そして、しっかりとした旨味とコクもタップリと湛えているが、ホップが上手に利いて

飲み飽きしない心地いい余韻へと誘ってくれます

存在感タップリの贅沢な旨味ながら、飽きさせない飲み心地を楽しめる

ホップのアクセントと華やかな香りがそういう贅沢さを演出してるんでしょうね

是非サントリーさん自慢のプレモル、今年もブラインド人気NO1となるでしょうか♪