2018/04/13

芋焼酎 赤・呑酔楽(てんすいらく)



芋焼酎のラベルにある 『 甕 』という言葉

結構様々な使い方をされます・・・甕仕込み、甕貯蔵、甕寝かせ、甕壺焼酎・・・

甕壺は水が漏れないほどの小さな穴が沢山あいており外気と空気の循環をしています

お蔭で仕込み用に使用されると発酵段階で様々な影響を与えてくれますし

貯蔵段階で使用されるとまろやかな熟成を促進してくれたり

通常ヴァージョンの【呑酔楽】も黄金千貫を使用して3年もの時間を

甕の中で熟成させているのですが、同じ製法、熟成でありながら

原料芋を赤芋で醸し出したのがこの焼酎!

この赤芋、『紅隼人』は一般的な赤芋以上に栽培が難しく、高級品

この紅隼人を使用したお蔭で、赤芋らしい甘く優しい風味を楽しみながら

ロック、水割りでは意外にさっぱりした優しい味わい

・・・甕寝かせの効用であることは間違いない!

でも温めると、ほっくりとした甘さが鼻からも舌からも感じられる

うっとりとするようなザ・赤芋!という存在感を楽しめますよ

【数量限定】
1.8L=3,025
720ml=1,515円




0 件のコメント:

コメントを投稿